カンボジア生活4年間に突入しました。
忙しさにかまけてしまって、このブログの存在を昨日まで忘れていました。

つい先日、カンボジアでは数少ない日本人の友人のブログで厄払いについて書かれた記事を読みました。
それをきっかけに弊社のスタッフを連れて、厄払いに行ってきました。
特に厄除けをする必要があったわけでもありません。もちろんスタッフにも、そんな必要はないと思います。

連れて行ってもらったお寺は、ロリュオス遺跡群の中にあるロレイ遺跡の中にあるお寺です。名前はワット・ロレイと言います。
ゴルフ場の近くなのでゴルフ帰りに行くことも出来ますね。

上の地図を見てもらったらわかりますが、実はプノンペンではありません。
遺跡と聞いて勘付いている人も居たかもしれませんが、シェムリアップの近くにあるお寺なんです。
スタッフを連れて行ったこともあって車をチャーターしての日帰りトリップでした。

近くには、それなりに遺跡がありますがお寺自体は簡素と言うか立派とは言えない感じでした。
ただ由緒あるお寺のようで私たち以外にも参拝客がおられました。

運良く、お寺の住職のような威厳があるお坊さんが担当してくれました。
先ずは、お供えをして、祈祷というんでしょうか、お経を読んでもらいお祈りをしてもらいました。
そして場所を変えて、滝行よろしくお坊さんから柄杓で掬った水を頭からビシャビシャとかけられ続けました。
はじめは気持ちいいと思っていましたが、途中からはいつまで続くのだろう?と思い始め、結局どれくらいやられていたかはわからないです。(感覚的には10分弱だと思います。)

興味があれば一度行ってみてください。
ご利益はあまりわかりません。

久々の投稿になります。仕事もだいぶ落ち着いてきて、仕事の合間にブログをする余裕まで出てきました。
私たちの会社も大きくなろうとしており、今まで日本の仕事におんぶに抱っこだったのですが、会社を拡大するために現地採用として日本人社員を新規に雇用しようと考えています。

そこでカンボジアの日系人材紹介会社を探したところ、結局2件(カムアップとCDL)しか見つけれませんでした。プノンペンに来る前はホーチミンに居たので直ぐに10件くらいは見つかるだろうと思っていました。理由としてはホーチミンとプノンペンはバスでも8時間程度だし、ホーチミンと同じで生活に不便を感じることがなかったので…。甘く見てました。

カンボジアに住んでいるのに、カンボジア人スタッフ以外の雇用をしてこなかったこと、クメール語を勉強するために日本人と交流してこなかったことが、今回いけなかったんだと振り返っています。