カンボジア在住の日本人たちに「気晴らしに何してる?」と尋ねると、5人に3人くらいの割合で「カフェに行く!」と言われます。
確かにカンボジアの都会にはカフェが多いです。
首都プノンペンでは、独立記念塔近くのバンケンコン地区に「カフェストリート」と呼ばれる通りも存在するほど。
価格も日本より安いことが多いし、大抵フリーWIFIで、長時間の居座りも許される雰囲気です。
パソコン持ち込みでお仕事をされている方もよく見かけます。
カンボジアは地区によっては停電が頻繁に起きることもありますが、そんな時は仕事道具一式を持ってカフェへGO!です。

WIFIを利用したい場合は、パスワードを教えてもらう必要があります。
パスワードを知る方法は店ごとに異なりますが、いくつかのパターンがあります。

1 レシートに印字
先にレジカウンターで注文するタイプの店舗に多いケースです。
レシートの末尾にパスワードが印字されています。

2 カウンターで教えてもらう
これもレジカウンターで注文するタイプの店舗に多いケースです。
カウンター付近の箱にパスワードの記された小さな紙が入っていて、自由に持っていけます。

3 スタッフに尋ねる
料金先払い式と後払い式のどちらでも存在するケースです。
「WIFI password, please」と言うと、口頭で言われるか、「2」の紙を持ってきてくれます。
口頭での説明を聞き取る自信がない場合は、紙とペンを渡して書いてもらうと確実です。

注意点を一つ。
回線の品質はカフェによってまちまちです。
時々ルーターとの相性が悪くてつながらないこともあるので、いくつかお気に入りのカフェを作っておくと、いざというとき便利です。

お勧めのカフェを2つご紹介します。

【ブラウンカフェ&ベーカリー】
http://www.thebrowncoffee.com/
可愛い店内と手ごろな価格で、私の友人たちに一番人気です。
「何を頼んでも外れがない!」と断言する方もいるほど。

【ブルーパンプキン】
http://tbpumpkin.com/
アイスクリームの種類が豊富で1.5ドルと手軽なので、つい通ってしまいます。
ふかふかのソファも気持ちよく、リバーサイドの店舗は眺めも最高です。